鍼灸の不妊治療では心身の癒しを大切に

ストレス社会と言われる昨今、西洋医学の不妊治療だけでは妊娠に適した環境を整えるのははなかなか難しくなっています。そこで注目されているのが鍼灸治療です。鍼灸院には、自然な妊娠を希望している人から体外受精の成功率を高めたいという人までいろいろなタイプの人が通っています。東洋医学では体が元々持っている自然治癒力に着目した治療をするのが特徴で、不妊治療でも経絡を通る気や血の流れを整えて体の隅々に新鮮な血液が行き渡るように導きます。血流がよくなると、妊娠を司る大切な器官である子宮・卵巣にもたっぷり血液が行き渡ります。すると冷え切っていた子宮内膜が温かくフワフワになり、受精卵の着床を助ける環境に変わります。また、不妊治療カウンセラーの資格をもつ鍼灸師がいる施術院も増えてきていますのでプロによる心のサポートも受けることができます。

鍼灸の不妊治療はいつからでもスタートOK

不妊治療に鍼灸を取り入れるのに、時期にはあまりこだわる必要はありません。東洋医学では体に元々備わっている自然治癒力を高めることに主眼を置いています。そのため、不妊治療でも心身のバランスを整えて妊娠に適した体の土台を作ることで西洋医学の治療効果も高まると考えています。ですから、自然な妊娠を待つ人から西洋医学の先進的な不妊外来での治療をすでにスタートしている人まで鍼灸治療はいつでも始めることが可能です。例えば、基礎体温がきれいな二相性を示さず妊娠のチャンスが少なくなっているケースであれば、東洋学的な治療で自律神経の働きを整えて妊娠を助けるホルモンがスムースに分泌されるように促し、結果として西洋医学の不妊治療が効果的に行われるのをサポートします。また鍼灸治療にはリラックス効果もありますので治療のストレスも取り除くことが可能です。

鍼灸による不妊治療の効果

不妊治療は、正常に性生活を行っていても2年以上妊娠しないときに治療を行います。不妊には、男女どちらかもしくは、両方に原因がある場合と男女のどちらにも身体的な異常がない場合の2種類があります。なかでも、どちらにも検査をしても異常がないのに妊娠しない機能性不妊の場合には、鍼灸による不妊治療の方法があります。鍼灸は、身体のバランスを整えることで、本来の自然治癒力を高め、回復していきます。東洋医学では、月経や妊娠などと関係する臓器として腎や肝、脾が関係するとされているため、これらの臓器のツボを刺激することにより整えていきます。また、自律神経を整える施術を組み合わせることで、視床下部を刺激し、ホルモン分泌を高めて行くことになります。筋肉を緩めて血管を広げることで、冷えも改善することができ、妊娠しやすい体質へと改善することができます。

不妊治療で妊娠後も、出産そして出産後も不安がたくさんです。 台湾や中国、韓国をはじめ海外からも来院されています。 高齢不妊でお悩みの方をサポートいたします。 不妊の原因は女性だけにある訳ではありません。 子宝治療院で鍼灸で不妊治療を行うメリットは、未来を託すお子様の妊娠から出産、産後のサポートやアドバイスを専門に行なっている事です。